トップ > コムズ倶楽部 > マンションライフを楽しむ > 横浜の新たなくらしごこち~「ザ・タワー 横浜北仲」のモデルルーム体験~
マンションライフを楽しむ
横浜の新たなくらしごこち~「ザ・タワー 横浜北仲」のモデルルーム体験~

開発が進む「横浜北仲」は、横浜の歴史と文化を継承しながらも、未来の横浜を発信していくエリア。歴史と先進が融合し、横浜の新しいくらしごこちを提案する、「ザ・タワー 横浜北仲」のモデルルームにお邪魔し、その魅力をお伝えします。

横浜の伝統と未来の結節点を表現する外観デザイン

マンションの建設をするにあたり、横浜の伝統を継承するように、長年にわたり多くの人に愛されてきた旧帝蚕倉庫を、建物基壇部に復元しています。また、赤煉瓦を取り入れ優しい温もりを感じながら人々が集い交流する「歴史広場」を造るなど、新たな街にマンションがなじみ、愛着をもってもらえるように建設がすすめられています。

周辺では一段と高層となるこのマンションのトップデザインは、ランドマークタワーへのなだらかなスカイラインを描くようにデザインされています。海から眺める横浜の高層の建物を波型に結び、横浜の伝統を引き継ぐ「山下・関内地区」と、未来を象徴する「みなとみらい地区」の結節点となる北仲の空の景観を、美しく演出しています。

また側面のデザインも、街に溶け込むようになっています。伝統を引き継ぐ関内側に面する南東・南西エリアは、生糸をイメージした白い「グリッドデザイン」で、エリアにクラシカルなイメージを与えてくれます。みなとみらい側は「ガラスウォール」を用いて、エリアの先進性を感じさせてくれます。

エリアの雰囲気をそのままに、伝統と先進の結節点の地に建つ、「ザ・タワー 横浜北仲」は、横浜の歴史と未来を外観デザインでも表現しています。

エグゼクティブな眺望とサービスがもたらす
上質なくらし心地

今回横浜市内で最高層(※7)、58階という高層マンション。みなとみらい・山下公園・ベイブリッジなども見渡せ、横浜の空と海が共にある風景を日常にしてくれます。
そして、1100戸超の規模だからこそ備わる充実の施設は、高層からの眺望を満喫できるスカイテラス・ビューラウンジをはじめ、フィットネスルームやスタディルーム、マルチアトリエなど、オンタイムからオフタイムまで住む方の暮らしを彩ります。

また、ビジネスに観光にと世界のエグゼクティブに利用されるサービス付き、長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッド」(※8)が、同建物内46階から51階までに入る予定で、さらなる上質のくらし心地をもたらしてくれることでしょう。

スムーズな駅へのアクセス 馬車道駅直結!

マンションはみなとみらい線・東急東横線直通の馬車道駅と直結し、駅まで徒歩1分という立地。天候に左右されず、スムーズな通勤や通学をサポートしてくれます。

開放感に満ちたプライベートスペース

■「ザ・タワー 横浜北仲」の構造概念(ダブルチューブ架構)

<フロア全体(平面図)>

梁と柱を外周部とコア部に集約。大型スラブの
採用で外周部と内周部の間の柱・梁を少なくし、
自由度の高い空間に。

<住戸(平面図)>

専有空間内で柱と梁による制約を低減。
間仕切りの変更、家具レイアウトの自由度が
向上する。


プライベートスペースは建物構造を「ダブルチューブ架構」とし、柱や梁による制約を低減化し、ワイドスパンで広く開放感のあるスペースを実現。
また、開放感とともにプランニングやリフォームの自由度を高く、自分らしい暮らしを実現するための多様な間取りプランも用意されています(※11)。

リビング・ダイニングに備えた窓には、2タイプのサッシを用意。北面と南面は、フラット&ワイドなサッシで、窓外の様子を、まるで一枚の風景画のようにそのまま視界に収めることが可能です。東面と西面は2面採光となるコーナーサッシで、2面に広がる眺望と採光豊かな空間で、伸びやかにお過ごしいただけます。

ホワイエでさりげないおもてなし

住む方の自由なライフスタイルを叶えるというコンセプトの「ザ・タワー 横浜北仲」では、日本国内はもちろん、海外生活に慣れ親しんだ方にも、対応する住戸プランを提案しています。
その一つが、全戸に「ホワイエ」を取り入れていること。「ホワイエ」とは、来訪された方への最初のおもてなしの場となる玄関広間です。


上がりかまちがなくフラットな広々とした空間は、個性を生かしたインテリアも置きやすくなっています。ゆったりとお客様を出迎え、しばし会話を楽しんだ後、玄関からプライベート空間へさりげないお誘いができます。また、「ホワイエ」があることで、エントランスからプライベート空間までのつながりに緩やかなグラデーションを設けることができるのです。

モデルルームスタッフが伝える「ザ・タワー 横浜北仲」の魅力

「ザ・タワー 横浜北仲」レジデンシャルサロンの岸野翔さんは、「横浜北仲という立地が最大の魅力」と言います。
横浜北仲は、横浜の伝統と未来の結節点であり、横浜市の新庁舎もこの地に建つ(2020年6月末供用開始予定)など、更なる開発も期待されるエリア。また、歴史的な建造物と、洋食をはじめさまざまな国籍料理も楽しめます。
「歩くだけで横浜の過去と未来の文化に触れられ、多国籍の味を日常的に楽しめるエリアです」と岸野さんは訪れる人に魅力を伝えています。


横浜北仲が目指すのは、駅をはじめ住宅・文化施設・商業施設・宿泊施設などが一体となった「Mixed-use」の街。その新しい横浜のシンボルともなり得る「ザ・タワー 横浜北仲」の魅力を、レジデンシャルサロンで一足先に体験できました。ぜひみなさんも足を運んでみては。

<来場予約・資料請求はこちらへ>

みなとみらい線・東急東横線直通「馬車道駅」直結徒歩1分
「ザ・タワー 横浜北仲」
https://www.31sumai.com/mfr/F1203/
守り継ぎながら、生まれ変わる

<売主・販売代理>三井不動産レジデンシャル(株) <売主>丸紅(株) <販売代理>丸紅不動産販売(株)

※1 掲載の写真は、モデルルームE-129typeを撮影(平成29年6月)したものに、現地56階相当(約190m)の高さより北東方向を撮影(平成28年11月)した写真を合成したもので実際の住戸からの眺望とは異なります。眺望・景観は、各階・各住戸により異なり、今後周辺環境の変化に伴い将来にわたって保障されるものではありません。家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。またオーナーズスタイリングの各アイテム(有償・無償)が含まれております。オーナーズスタイリングの各アイテム(有償・無償)のお申し込みには期限がございます。詳しくは係員にお問い合わせください。※本物件の立地する 「北仲通北再開発等促進地区」内、本物件の北東側・北側・北西側に高層建築物が建つ予定です。また同西側「北仲通南地区再開発地区(現在の状況:工事中、事業施行期間:平成32年1月末予定。遅れる場合がございます)」内に横浜市新市庁舎(約155m)の建物が建つ予定です(横浜市HPより)。建物の高さ等は今後変更となる可能性があります。それに伴い本物件の日照・眺望に影響があります。

※2 掲戟の完成予想CGは、設計図を基に作成したもので形状・色等は実際とは異なります。施工上の理由及び改良のため、変更となる場合がございますのでご了承ください。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。また、敷地内のみを表現しています。この完成予想CGで表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えています。共用部の家具・調度品等は変更となる場合がございます。 ※本物件の立地する 「北仲通北再開発等促進地区」内、本物件の北東側・北側・北西側に高層建築物が建つ予定です。また同西側「北仲通南地区再開発地区(現在の状況:工事中、事業施行期間:平成32年1月末予定。遅れる場合がございます)」内に横浜市新市庁舎(約155m)の建物が建つ予定です(横浜市HPより)。建物の高さ等は今後変更となる可能性があります。それに伴い本物件の日照・眺望に影響があります。

※3 掲戟の完成予想CGは、現地から約2.5km離れた場所より撮影(平成28年1月)した写真に、計画段階の図面を基に描いた外観完成予想CGを合成しCG処理を施したもので、形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。※本物件の立地する 「北仲通北再開発等促進地区」内、本物件の北東側・北側・北西側に高層建築物が建つ予定です。また同西側「北仲通南地区再開発地区(現在の状況:工事中、事業施行期間:平成32年1月末予定。遅れる場合がございます)」内に横浜市新市庁舎(約155m)の建物が建つ予定です(横浜市HPより)。建物の高さ等は今後変更となる可能性があります。それに伴い本物件の日照・眺望に影響があります。

※4 掲載の敷地概念図は航空写真(平成28年11月撮影)に、計画段階の図面を基に描いた完成予想CGを合成しCG処理を施したもので、実際とは異なります。

※5 掲戟の完成予想CG・構造概念図は、設計図を基に作成したもので形状・色等は実際とは異なります。施工上の理由及び改良のため、変更となる場合がございますのでご了承ください。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。この完成予想CG ・構造概念図で表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えています。※本物件の立地する 「北仲通北再開発等促進地区」内、本物件の北東側・北側・北西側に高層建築物が建つ予定です。また同西側「北仲通南地区再開発地区(現在の状況:工事中、事業施行期間:平成32年1月末予定。遅れる場合がございます)」内に横浜市新市庁舎(約155m)の建物が建つ予定です(横浜市HPより)。建物の高さ等は今後変更となる可能性があります。それに伴い本物件の日照・眺望に影響があります。※本誌掲載の情報は平成29年8月現在のものです。

※6 ハーバーテラス完成予想CGは、設計図を基に作成したもので形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。現地屋上相当の高さ(約200m)からみなとみらい・ベイブリッジ方向を撮影(平成28年11月)した写真を合成したものです。スカイテラス完成予想CGは、設計図を基に作成したもので形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。現地屋上相当の高さ(約200m)からランドマークタワー方向を撮影(平成28年10月)した写真を合成したものです。いずれも実際の眺望とは異なります。眺望・景観は、各階・各住戸により異なり、今後周辺環境の変化に伴い将来にわたって保障されるものではありません。※本物件の立地する 「北仲通北再開発等促進地区」内、本物件の北東側・北側・北西側に高層建築物が建つ予定です。また同西側「北仲通南地区再開発地区(現在の状況:工事中、事業施行期間:平成32年1月末予定。遅れる場合がございます)」内に横浜市新市庁舎(約155m)の建物が建つ予定です(横浜市HPより)。建物の高さ等は今後変更となる可能性があります。それに伴い本物件の日照・眺望に影響があります。

※7 平成5年以降に横浜市内で販売された分譲マンションで58階建ては最高層となります。対象期間 平成5年~平成28年8月15日までのMRC調査・捕捉分に基づく分譲マンションデータによる(平成28年MDM9月号)データ資料:(有)エム・アール・シー平成28年10月現在

※8 商業施設は平成32年夏開業予定(開業は遅れる場合がございます)

※9 掲戟の建物完成予想図および建物概念図は、設計図を基に作成したもので形状・色等は実際とは異なります。施工上の理由及び改良のため、変更となる場合がございますのでご了承ください。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。この建物完成予想図・建物概念図で表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えています。

※10 掲載の写真は、モデルルームE-129typeを撮影(平成29年6月)したものです。家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。またオーナーズスタイリングの各アイテム(有償・無償)が含まれております。オーナーズスタイリングの各アイテム(有償・無償)のお申し込みには期限がございます。詳しくは係員にお問い合わせください。

※11 リフォームにあたっては管理規約を遵守していただきます

※12 掲載の写真は、モデルルームE-129typeを撮影(平成29年6月)したものです。家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。またオーナーズスタイリングの各アイテム(有償・無償)が含まれております。オーナーズスタイリングの各アイテム(有償・無償)のお申し込みには期限がございます。詳しくは係員にお問い合わせください。

※13 掲載の建物完成予想CGは、現地から約600m離れた建物の高さ約273mより撮影(平成28年9月)した写真に、計画段階の図面を基に描いた外観完成予想CGを合成しCG処理を施したもので、形状・色などは実際と異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。この完成予想CGで表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定しており、竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えています。 本物件の立地する「北仲通北再開発等促進地区」内、本物件の北東側・北側・北西側に高層建築物が建つ予定です。また同西側「北仲通南地区再開発地区(現在の状況:工事中、事業施行期間:平成32年1月末予定。遅れる場合がございます)」内に横浜市新市庁舎(約155m)の建物が建つ予定です(横浜市HPより)。建物の高さ等は今後変更となる可能性があります。それに伴い本物件の日照・眺望に影響があります。