トップ > コムズ倶楽部 > マンションライフを楽しむ > 色を味方につけよう
マンションライフを楽しむ
色を味方につけよう
壁紙、家具、カーテンから小物にいたるまで、インテリアを構成するほぼすべてのものに色があります。そんなインテリアの中では、色同士の組み合わせを意識しておかないと、色の洪水に飲み込まれてしまうことになりかねません。でも逆に、上手に色を使うことで、手軽にインテリアの変化を楽しむことができます。そこで今回は、色の組み合わせ方をご紹介します。
色の使い方の基本
(1)色相とトーン

色には、赤・緑・黄色などの色味を表す「色相」と、明るさや鮮やかさを示す「トーン」があります。色味は暖かい印象を受ける色、飛び出して見える色、組み合わせると反発し合う色などがあります。またトーンを変化させると、印象が軽く/重たくなったり、明るく/暗くなったりします。この色の特徴を押さえておくと、お部屋のイメージが作りやすくなります。

色相
色相には、色味を持つ「有彩色」と、白から黒までの色味を持たない「無彩色」があります。
  • ・有彩色
    赤、橙、黄、緑、青、紫などの色味をリング状に並べたものを「色相環」といいます。この色相環の反対側にある色同士を「補色」といい、補色を並べるとお互いの色を引き立て合うので、メリハリのあるイメージを作ることができます。
  • ・無彩色
    赤や青などの色味を持たない、白から黒までの色が無彩色です。無彩色の組み合わせは、スタイリッシュなイメージ作りに役立ちます。
トーン
トーンには、明るさの度合いを表す「明度」と、鮮やかさの度合いを表す「彩度」があります。
  • ・明度
    無彩色では、白が一番明度が高く、黒が一番明度が低くなります。有彩色では、白に近い色が明度が高く、黒に近い色が明度が低いということになります。
  • ・彩度
    色の鮮やかさを表す彩度では、無彩色は彩度がゼロ、色味が鮮やかになるにつれて彩度が高くなっていきます。
(2)色の持つイメージ

色にはそれぞれ特定のイメージを抱かせる力があります。例えば赤なら「情熱」や「力強さ」、青なら「涼しげな」「静かな」などです。また、同じ色でも組み合わせる色の違いによって印象が変わります。

カラーコーディネート例

色の基本はわかったものの、いきなり色を組み合わせていくのはなかなか難しいものです。そこで、相性の良い色の組み合わせ例をご紹介します。

まとまりのある配色
同じ色相・類似トーンの配色
同じ色相で、明度や彩度が異なる色の組み合わせです。変化が少ないのでまとまりを出しやすく、穏やかな印象のお部屋作りができます

  • 例1:優しい印象のあるピンクでまとめた例。

  • 例1:落ち着いた印象のある茶系でまとめた例。
類似色相・同一トーンの配色
明度・彩度は同じで、色相が近い色の組み合わせです。色をいくつか使いたいけれど、まとまり感は出したい、という場合におすすめの配色です。

  • 例2:壁に茶系、カーテンとクッションにグリーン系を使った例。

  • 例2:左の部屋で、カーテンとクッションのみ変更をした例。
変化のある配色
対比色相
補色の組み合わせなど、色相が離れた位置にある色同士の組み合わせです。大胆な印象のお部屋作りができます。たくさんの色を使ってしまうと色の洪水になってしまいますので、全体はまとまりのある配色とし、ソファとクッションだけ対比させるなどポイントで使うといいでしょう。

  • 例1:補色である赤と緑を配色した例。

  • 例1:補色である青と黄を配色した例。
対比トーン
同じ色相でも、明度・彩度が離れた色同士を組み合わせです。対比色相のものと同じく、大胆な印象になります。

  • 例2:色味を使わず、無彩色のみで構成した例。

  • 例2:クッションとソファの色を対比させた例。
最後に
色の基本を知っていれば、季節に合わせてお部屋のイメージを変えることも手軽にできるようになります。壁紙や床などの面積が広いところは白やベージュなどの落ち着いた色とし、アクセントとして小物の色を変えていくとよいでしょう。
色を使いこなしてインテリアを楽しみましょう。