トップ > コムズ倶楽部 > マンションライフを楽しむ > マンションの在宅時間をもっと楽しく!
マンションライフを楽しむ
マンションの在宅時間をもっと楽しく!

刻々と変化する社会情勢の下、長期間の在宅時間をどう過ごすか、工夫をされている方も多いのではないでしょうか。今回は、マンションでの在宅時間を楽しむための過ごし方をご紹介します。家族と一緒または一人時間をどう過ごすか──この状況だからこその楽しみを見つけてください。

日常の家事にひと手間かける

仕事やプライベートの予定など、外出が多いとなかなか家の中に目を向けるチャンスがなく、日々の家事はとにかく時短優先、最低限になりがちです。しかし、外出を控えている今なら、思いきり家事に取り組めますね。メディアやSNSでも、普段の家事に時間をかけて取り組む様子がよく取り上げられています。どのように家事を楽しんでいるのでしょうか。

・プチ大掃除、断捨離

気になるエアコンや浴槽、トイレ、ベランダ、換気扇などの汚れ。日常の掃除では行き届かない箇所の大掃除に取り組んでみてはいかがでしょうか?年末の大掃除から約半年で見直せるので、年末よりは負担が少なく済みます。また、家族みんなで協力して家をすっきりさせれば、家族の一体感も出るかもしれません。
また、パントリーなどにため込んだ食料品や日用品のストック。気づかないうちに賞味期限が切れてしまったり、重複していたりしませんか?このチャンスに日常生活に追われてとりあえず保管していたものの見直しをしてみるのもいいですね。

・家族と料理を作る、自炊を増やす

外出ができない中でも手軽に癒しを得られるのが、食事やおやつの時間。ステイホームを始めてから、体重が増えた!という方もいらっしゃるのでは?
子どもも一緒に取り組みやすいピザや、スイーツなら、遊びながら調理を学ぶことができて、お腹もいっぱい!一石二鳥、三鳥の楽しいひと時がすごせますね。ある程度の年齢になって来たら、朝食やランチはお子さんに食事当番を任せると、自主性も養えます。
これまで避けていた仕込みに時間のかかる料理に挑戦するという方も。自宅で天然酵母を使う本格的な手作りパンを作る人も増えているんだとか。ホームベーカリーやヨーグルトメーカーを上手に使えば、難しい発酵食品も手軽に作れますよ。

自宅で遊びつくす

在宅時間が長いこの機会に、今まで興味は合ったけど手が出せなかったことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?オンラインを上手に使えば、自宅にいながら外出気分を味わうこともできます。

・普段はできない大作を作ってみよう!

1000ピース以上のパズル、パーツの多いプラモデル、大人の塗り絵──没入感を味わいたい遊びですが、普段はなかなか集中して取り組めないものです。ステイホームをきっかっけに、そんな遊びに没頭してみてはいかがでしょうか。パズルや塗り絵は、家族と一緒にワイワイ取り組んでもいいですね。

・室内キャンプやピクニック

マンション室内でも、リビングにスペースを作ってテントを置くだけでキャンプ気分に。寝袋を持ち込んで、枕元に電子ランタン、朝には鳥の声のアラームで目覚めると、アウトドア気分を味わえます。テントがなくても、ベランダにレジャーマットを敷いてランチをとったり、室内で窓を開けて外の空気を味わいながら屋内ピクニックもいいですね。
子どもが小さい家庭では、ダンボールや新聞紙を使った秘密基地作りもオススメ。在宅ストレスによる兄弟ゲンガに困っている方も多いようですが、テントと併せて、即席のパーソナルスペースを作ることで、衝突を減らす効果もあるようです。

・家庭菜園をベランダで

自宅にいながら自然を楽しむために、家庭菜園を取り入れてみてはいかがでしょうか。日々変化する植物の様子を眺めているだけでも癒されます。外気に触れて、日光浴ができるのも大きなメリットですね。
花も気分が華やかになりますが、せっかくなら収穫して食べられるものだと楽しみが続きます。苗から育てられたり、発芽率の高い植物を選ぶとよいですね。トマト、リーフレタスなどがオススメです。また、大葉やハーブなどの香味野菜を自宅で育てておくと、料理に味わいを添えられます。

・インターネット動画でバーチャル旅行

ゴールデンウィークにも旅に出られなかった想いを、バーチャル旅行にぶつけてみるのも一つの方法です。行ってみたい目的地を決めたら、アクセス方法や宿泊ホテルまで実際に検索して、旅の行程を決めていきましょう。せっかくなので本当に旅行の計画を立てるつもりで具体的にタイムスケジュールを意識すると、リアル感が増します。
計画が立てられたら、インターネットの動画共有サイトなどで「車窓 新幹線」と検索すると、リアルタイムの車窓の様子が配信されています。新幹線のアナウンスをお供に、駅弁風のお弁当を食べると、一気に旅のムードが出てきます。観光スポットもインターネットの動画で堪能。夕食はご当地の食材や料理をイメージすると、バーチャル旅行のリアリティが増してきますね。
本格派の方は、ご当地食材をお取り寄せするのもオススメです。観光地では今、お客さんが減って青息吐息。せっかく用意していた食材を無駄にしてはいけないと、フードロス削減のために特価でお取り寄せセットを販売している飲食店も少なくありません。応援も兼ねて、お取り寄せで旅行気分を盛り上げるのもいいですね。

自宅でもほどよい運動を!

在宅生活で気づいたら体重が増えていた!という方もいらっしゃるのでは?体を動かすチャンスが減った上に、食事だけが楽しみとなると、体重増加は待ったなし!在宅生活でも、ほどよいストレッチや軽い運動で健康を保ちましょう。ルーティンにすることで、体力低下を防ぐこともできます。

・朝起きたらラジオ体操

毎朝のルーティンにはラジオ体操がぴったり。朝起きたら、子どもの頃からなじみのある音楽に合わせて、体を動かしてみると血流がよくなり、いい一日のスタートが切れます。朝日の入る窓際やベランダで行うと、日光浴にもなっていいですね。マンションでは気になるジャンプシーンは、膝の屈伸をして上半身の力を抜くようにすると、階下の方への配慮ができます。

・オンラインでヨガ

ジムやスタジオなど、3密に当たる場所での運動は難しいですが、激しい運動は階下への騒音が気になります。ヨガは振動のある動きが少ないので、マンションでもオススメ。
最近はオンラインのヨガやエクササイズクラスが増えてきました。一人でエクササイズするよりも、先生や友人とオンラインで顔を合わせてするエクササイズは、気分もリフレッシュできます。

・時間をずらして散歩やランニング

大人のエクササイズは家の中では運動量が足りない!という方も多いですよね。外に出て散歩やランニングをするなら、早朝や夜など人が少ない時間にすると、一日のリフレッシュになりそうです。呼吸の荒くなりがちなランニングは、ウォーキングよりもソーシャルディスタンスを広めにとるように意識しましょう。マスクでは息苦しいという方はネックゲイターという薄手のネックウォーマーのようなもので顔を覆うといいでしょう。日焼け止め効果のあるものも多いので、これからの季節には帽子とネックゲイターのセットが活躍しそうです。

慣れない在宅生活に対応するためには、我慢し過ぎない、ストレスをためないことが重要です。外出はできないまでも、インターネットが手軽に使える昨今、買い物や情報収集はオンラインで可能です。また、動画チャットなどを活用すれば友人や家族と会い、近況を伝え合えます。在宅生活の中でも、上手に工夫して精神的にも身体的にも健康的な在宅生活を送っていきたいですね。