トップ > コムズ倶楽部 > マンションライフを楽しむ > 暮らしの快適度アップ!家具の選び方~上級編~
マンションライフを楽しむ
暮らしの快適度アップ!家具の選び方~上級編~
前回は、家具の選び方の基本をご紹介しましたが、今回は、その上級編として、暮らしの快適性を考えた家具の選び方やお部屋を広く見せてくれる家具の選び方など、ワンランク上の家具の選び方をご紹介します。
快適度を高める家具の選び方

リビングにソファは定番の組み合わせですが、本当にご自宅のリビングにソファは必要でしょうか?家具は、暮らしを便利に快適にするための道具です。購入したもののあまり使っていない、置くスペースだけをとられているといった状態では本末転倒です。家具を選ぶ際は、家族のライフスタイルを考えながら、「本当に必要な家具を選ぶこと」が快適性を高めるポイントです。

リビングにソファは必要?

リビングにはソファ、という固定観念で購入したものの、ソファに座らずに床に座った方が楽に感じる、荷物置き場になってしまっているなどといった、本来とは別の使い方になってはいませんか?

床に座った方が楽に感じるといった方は、ソファではなく、ラグと座椅子といった組み合わせの方がお部屋も広く使えて快適です。また、洋室の寝室には、ベッドというイメージも強いですが、布団を選ぶという選択肢も考えられます。リビングのテーブルで食事をされるという方は、ダイニングテーブルは必要ないかもしれません。

このように、家具選びは固定観念にとらわれず、家族のライフスタイルをよく考え、実生活での使用シーンをイメージしながら、本当に必要な家具を選択していくことが大切です。家具の素材や形を選ぶ際も、「子どもがいるから汚れても掃除しやすいもの」「スペースが狭いので壁付けできる長方形型」といった、家族構成や部屋のスペースのことを考えて選ぶことも忘れないようにしましょう。

お部屋を広く見せる家具の選び方

よく聞かれる悩みに、家具を入れてみたら部屋が狭く感じるようになってしまったというものがあります。仕方のないことではありますが、家具を選ぶ際に、少し工夫をすることで、狭さを感じにくくすることができるのはご存知ですか?お部屋を広く見せたい場合には、以下のポイントを重視して家具を選んでみましょう。

背の低い家具を選ぶ
天井が高い部屋は、開放的で広く感じられるものです。この錯覚の効果を家具選びにもうまく利用してみましょう。
目線よりも高い位置に家具があると、家具に囲まれているといった圧迫感があり、部屋も狭く感じてしまいます。逆に、視線よりも低い高さの家具を選ぶと、壁面が多く見え、天井が高く、お部屋を広く感じさせることができます。
高さをそろえる
家具の高さをそろえると、視線が上下しないのでフラットですっきりとした印象を与えることができます。高さが違う場合には、低い家具の上に棚や花瓶を乗せたり、家具の上に絵を置いたりすれば高さを調節することができます。
ガラスの家具を選ぶ
ガラス素材の家具は、視線が先に抜けるので圧迫感が少なく、部屋を広く見せる効果があります。おすすめは、リビング、ダイニングのテーブルです。ガラスの天板のものにすると、床が見えてすっきりとした印象になります。キャビネットなどは扉がガラス製のものを選ぶとよいでしょう。
家具の色を同色系でそろえる
さまざまな色がお部屋のなかにあふれていると、乱雑で窮屈な印象を与えてしまいます。家具もできるだけ、同系色でそろえ、見た目をすっきりさせましょう。空間を広く見せるには、白やアイボリーなど明るめのカラーがおすすめです。また、壁と同じ色にすることによって壁に同化させてしまうのも効果の高いテクニックです。
センスアップの家具選び

快適なことはもちろん、できれば空間も家具で演出したいものです。うまく取り入れることができれば、空間のセンスアップにつながる家具とその選び方をご紹介します。

アンティーク家具を取り入れてみる

暖かで懐かしい雰囲気、独特の重厚感、伝統的で美しいデザイン、華やかな装飾などが魅力的なアンティーク家具。そのほとんどが1点もので、それぞれに違う表情や味わいがあります。高級なイメージもあり、普段の暮らしに取り入れるのは難しそう、と思っておられる方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんなことはありません。アンティーク家具と一口にいっても、種類はさまざま。手頃な価格のもの、合わせやすいシンプルなデザインのものもあります。まずは、ランプやコンソール(壁につけて置く、小型のテーブル)などコーディネートしやすいアイテムから取り入れてみてはいかがでしょうか。アンティークを部屋のフォーカルポイント(自然と目に付く場所)にすると、そのアンティークのもつ雰囲気が部屋全体の印象として伝わります。

おすすめのアイテムと相性のよい場所
  • ・コンソール…廊下、リビング、寝室
  • ・ランプ…リビング、寝室
  • ・キャビネット…リビング、書斎
  • ・ダイニングセット…ダイニング
デザイン性の高い家具を取り入れる

目をひく、デザイン性の高い家具やユニークな形の家具もお部屋のセンスアップに一役買ってくれます。しかし、デザイン性の高い家具は、1つ1つを見ると個性があり、おしゃれに見えますが、いざ置いてみると「部屋のまとまりがない」「お店のディスプレーではセンスよく見えたが、部屋に置くとおかしい」など、失敗しやすい家具でもあります。

デザイン性の高い家具を選ぶ際には、ほかの家具とテイストを合わせることが大切です。

例えば、カントリー調の家具でまとめている場合は、カントリー調のものでデザイン性の高いものを選ぶ、アジアンでまとめている場合は、アジアン調のものでデザイン性の高いものというように選びましょう。

また、デザイン性の高い家具や、鮮やかな色の家具は、お部屋のいいアクセントにもなります。落ち着いてはいるけど、まとまりすぎて部屋がつまらない印象になってしまったという場合には、フォーカルポイントにこうした家具を取り入れてみましょう。基本のコーディネートとの反対色や異素材を加えると部屋が引き締まって見えます。

最後に
いかがでしたか。家具によって、お部屋の快適度にずいぶんと違いがでてきます。上手に家具を選んで、満足のいくお部屋を完成させましょう。