トップ > コムズ倶楽部 > プロに聞く! > 行って納得!モデルルームへ行こう!~「メニュープラン」~
プロに聞く!
行って納得!モデルルームへ行こう!~「メニュープラン」~
マンション購入前に一度は訪れるのがモデルルーム。「パンフレットやWEBサイトに情報がたくさん載っているから行かなくてもいいんじゃない?」、「インテリアに生活感が無いから参考にならないし・・・」などのご意見もありますが、ただ「見る」だけではないモデルルームの“利用方法”をご存じですか?
ということで、今回から3回に渡ってお届けするモデルルームの賢い利用法について。
第1回目の今回は、「メニュープラン」についてお届けいたします。
“メニュープラン”ってなに?

メニュープランとは、パンフレット等に記載されている基本(標準)プランとは別に、あらかじめ用意された幾つかの間取りプランのこと。同じ広さのお部屋であっても、住まう方のライフスタイル、年齢、性別、家族構成などによってお好みの間取りを選択することが出来ます。

一定期間内であれば、基本プランからメニュープランへの変更は無料ですので、契約しようと思っている部屋の間取りに不満のある方は積極的に利用してみましょう。(大きな変更が伴う場合は有償となることもあります)

どんなことができるの?

では、実際の「メニュープラン」には、どんなものが用意されているのでしょうか。

お部屋の間取りを変更できる

「数年後には親と一緒に暮らすことが決まっているので和室が欲しい」「こんなに部屋数は要らないから、一部屋を広々と使いたい」「ずっと欲しかった書斎をこの機会に作りたい」など、新しい住まいに対するご要望には様々なものがあります。
そういったご要望に応えてくれるのが「メニュープラン」。
洋室を和室に変更したり、洋室とリビングを一部屋にして2LDKを1LDKにしたり、洋室の一部を書斎に変更したり・・・

尚、モデルルームを基本プランではなく、メニュープランで作っているケースもあります。「モデルルームが気に入って同じタイプを契約したが、確認を怠ったため出来上がってみたらモデルルームとは異なる基本プランだった」なんて笑えない話もありますので、モデルルームが基本プランかメニュープランかどうかもでしっかり確認しておきましょう。

キッチンのタイプを変更できる

キッチンのタイプをカウンター型から独立型へなど、キッチンのタイプ・形状を変更することが出来ます。
キッチンの変更は、キッチンが設定されている場所や間取りなどによって変更が制限される場合が多く、メニュープランではなかなか選べるマンションは少ないのが現状ですが、メニュープランが用意されている場合は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

また「場所も内装もすごく気にいっているけれど、気に入った間取りがない(間取りが希望条件と合わないなど)」という場合にも、一度「メニュープラン」でどのような間取りへ変更が可能なのかを、モデルルームで販売員に聞いてみるのもオススメです。

みんなはどんなメニューを選んでいるの?

さて、実際にマンションを購入した方はどんなメニュープランを選ばれたのでしょうか?

小さな息子さんのいるAさん一家
家族構成
ご主人・奥様・男の子(2歳)
利用メニュー
独立型のキッチンをカウンター式のキッチンへ変更。
理由
いたずら盛りの2歳の息子さんがいらっしゃるAさん一家は、お料理をしているときでもリビングで遊んでいる息子さんの様子を見ていたいという理由で、キッチンの形状を独立型からカウンター型へ変更しました。
退職後、マンションを購入したBさん一家
家族構成
ご主人・奥様
利用メニュー
主寝室を和室へ変更。リビングに隣接した和室をリビングへ変更。
理由
子供たちが巣立ち、二人暮らしでは大きすぎる一戸建てからマンションへ引っ越すことになったBさん一家。
それまでの生活を続けられるよう、主寝室を和室へ変更しました。また、近所へお住まいのお孫さんたちがいつでも遊びにこられるよう、3LDKを2LDKへと変更し、広々したリビングを確保しました。
年子のお子さんがいるCさん一家
家族構成
ご主人・奥様・女の子(4歳)・男の子(3歳)
利用メニュー
洋室2つを1つの洋室へ変更。
理由
4歳の女の子と3歳の男の子がいるCさん一家。異性の兄弟なので「年頃になれば部屋を別々にするけど、小さいうちは一緒に遊べるように」と2つあった洋室を広い洋室一部屋にしました。子供たちが大きくなったら、可動間仕切りを利用してそれぞれのスペースを与える予定だそうです。
DINKSのDさんご夫婦
家族構成
ご主人・奥様
利用メニュー
カウンター型キッチンを独立型に変更。和室をリビングへ変更。
理由
お友達が遊びに来ることが多く、大勢で料理をする機会も少なくないお子さんのいらっしゃらないDさんご夫妻。
大勢のお客様に対応できるよう、リビングを広くするメニュープランをお選びになりました。また、キッチンをリビングから直接見えにくくするために、カウンター型を独立型へ変更しました。
最後に
チラシやパンフレット、Webサイトへ掲載されているものだけが、購入可能な間取りではありません。今回ご紹介した「メニュープラン」で、ご自分のライフスタイルや希望にあったプランを見つけてみてはいかがでしょうか。
尚、「メニュープラン」の受付時期は、建設開始当初の一定期間に限定されていますので、購入を検討しているマンションがある方は、まずモデルルームへ問い合わせてみて下さい。