トップ > コムズ倶楽部 > マンションライフを楽しむ > 上質な音楽空間で癒しを求める
マンションライフを楽しむ
上質な音楽空間で癒しを求める
好きな音楽を聴くとリラックスできたり、波の音や小川のせせらぎに耳をすますと心が癒されたり。また、妊娠中に快い音楽を聴くことは、赤ちゃんの感性に影響を及ぼすといわれています。音楽療法の研究も進んでいて、医療の分野でも心身の健康の回復・向上をはかる手段として、音楽が注目されています。こうした音楽が持つさまざまな癒し効果を、日々の生活に取り入れて、音に包まれる「上質なひととき」を演出してみませんか?
音楽で、何気ない時間を「上質なひととき」に

好きな音楽を聴いていると、それだけで心がはずんだり、リラックスできたり。音楽には、心にはたらきかけるさまざまな効果が期待できます。暮らしのちょっとしたひとコマに音楽を取り入れることで、気持ちがとても豊かになることでしょう。あなたも自宅で過ごす何気ない時間を、「上質なひととき」に変えてみませんか?

仕事や私生活のストレスを解消!

何となく気分が落ち着かないときや、イライラしてしまうときには、リラクゼーション音楽などの穏やかな曲を流しましょう。

「今日はちょっと嫌なことがあった」というときでも、音楽の癒し効果は絶大です。リビングでコーヒーでも飲みながら、心に優しく響く音楽を聴いて、気分をリフレッシュしましょう。

集中力を高めるアルファ波の音楽

仕事や勉強に集中しているときや、スポーツなどの運動で夢中になっているときは、アルファ(α)波と呼ばれる脳波が出ています。音楽の中にはこのアルファ波を含むものがあり、これを聴くと脳からアルファ波が出やすくなり、集中力が高まるそうです。

音楽療法によく使われるのが、モーツァルトの曲です。脳がさえた状態でリラクゼーション状態に導くことができるそうで、仕事や勉強の能率アップに適しています。

テンポの速い曲でモチベーションをアップ

「やる気を出してがんばらなくては!」というときには、意識的にアップテンポの音楽を聴くのもおすすめです。

「こんな気分のときにはこんな音楽を」と、そのときの自分の気持ちや状況に合わせて、賢く音楽を活用するのもひとつの方法ですね。

音楽を心ゆくまで聴くためには、防音対策も必要

「マンションで音楽を聴くと、周囲の迷惑になるのでは?」と遠慮している方もいらっしゃいます。でも、防音工事などの大がかりな対策をしなくても、ちょっとした心配りをするだけで音の響き方はかなり変わってきます。ぜひチャレンジしてみてください。

スピーカーの下に制震シートを置く

制震シートをスピーカーの下に置くことで、音による振動を抑える効果があります。床の上に直接スピーカーを置いている場合は、この制震シートが効果を発揮します。やや重さがありますが、それだけ遮音効果も期待できます。

防音カーテンで音漏れを防ぐ

吸音効果のある防音カーテンを取り付けると、室内の無駄な音の反響を抑え、外への音漏れを防いでくれます。設置する際は、窓から空気の漏れる隙間を、できるだけ少なくするのがポイント。防音だけではなく、断熱・節電効果も期待できるので、一石二鳥ですね。

二重窓にする

最近は防寒対策などのために、窓を二重にするご家庭が増えています。音のほとんどは窓から外に出ていくため、窓が二重になっているとかなり音漏れを防ぐことができます。できれば窓だけではなく、サッシも二重したいところ。今ある窓やサッシを防音用に交換するよりは、手軽で効果的です。

暮らしのワンシーンが、「癒し時間」になる

「みんなで夕食を食べるときに音楽が流れていると、何となくその場が優しくなる」「書斎で仕事中に音楽を聴くのが好き」「寝る前のひとときに、音楽で癒されたい」など。暮らしのさまざまなシーンを、音楽がステキな「癒し時間」に変えてくれます。

リラックスミュージックが流れるリビングルーム

リビングルームは、何といっても家族が過ごす時間が多い場所。上手に音楽を取り入れて、雰囲気を盛り上げたいですね。家族みんなで会話をする時間や、ホームパーティで会話が途切れたわずかな時間、料理の準備をする時間などにも、音楽が流れていることで、その場がとてもなごみます。

自分が好きな音楽を、書斎でじっくりと聴く

好きな音楽をBGMに流しながらの読書は、暮らしに上質な時間をもたらしてくれるでしょう。仕事をするときも、大好きな曲をかけながら取り組めば、きっとはかどるはず。リビングルームに比べて空間が狭いので、部屋全体に音楽が響き、自分だけの特別な時間を過ごせます。

寝室で音楽を聴きながら、やすらかな睡眠を

「寝る前に音楽を聴きたい」という人も多いことでしょう。波の音やせせらぎの音など、自然音が入った曲を聴きながら、グッスリと豊かな眠りにつくのも良いですね。中には寝室にミニバーを置いて、寝る前のひとときにちょっとお酒を飲みながら、音楽と共に楽しむ方法もあります。1日の終わりを豊かな気持ちで過ごせば、明日への活力がきっと養われることでしょう。

バスルームで音楽を聴きながら、エステ気分を楽しむ

最近はバスルームで本を読んだり、テレビを観たりして、バスタイムをゆったり楽しく過ごす人が増えてきました。そうした人たちにおすすめしたいのが、バスタイムでヒーリングミュージックやクラシックを聴くことです。まるでエステにいるかのようなリラックスタイムを過ごせます。バスタイムの過ごし方を工夫することが、心身両面の健康にもつながるはずです。

最後に
カフェで流れるおしゃれなBGMのように、たとえばリビングで過ごす憩いのひとときに、さり気なく音楽を流してみましょう。ほんのちょっとしたことで、驚くほど空間の雰囲気は変わります。日々の生活に潤いを与え、感動と喜びを与えてくれる音楽。生活のさまざまなシーンに上手に取り入れて、より豊かな暮らしを送りたいですね。