トップ > コムズ倶楽部 > マンションライフを楽しむ > 暮らしを便利で豊かにするスマート家電
マンションライフを楽しむ
暮らしを便利で豊かにするスマート家電
IHクッキングヒーターにレシピを登録するだけで手早く調理ができたり、ヘルスメーターにタッチするだけで、体の状態を自動的にグラフ化できたり。まるでマンガのような便利な世界が、すでに一般家庭でも日常化しつつあります。そんな便利で豊かな暮らしの立役者となるのが、話題の「スマート家電」です。今回は、代表的な「スマート家電」の機能やメリットについて、ご紹介していきましょう。
スマート家電で、より便利で快適な暮らしを実現

家電とスマートフォンがつながって、暮らしがスマートになる…。数年前までは考えられなかったことが、さまざまな技術の飛躍的な発展により、当たり前のように日常生活へ溶け込んでいます。ただ、スマート家電と一口にいっても、いったい何がどんな風に便利なのでしょうか。今回は驚きの機能を備える、スマート家電をご紹介していきましょう。

スマート家電って、いったい何?

たとえば「ヘルシー志向のママは、モチモチの玄米ご飯が大好き」「白いご飯に目がない子どもには、ふっくら柔らかめに炊きたい」など。炊飯器1つ取っても、家族にはそれぞれの好みや希望があるものです。そんな場合でも、あらかじめスマートフォンのアプリなどにそれぞれの好みを設定しておけば、後はスイッチをポンと押すだけで希望通りの炊飯ができます。そんなスマートな暮らし方ができる電化製品が、スマート家電です。

外出時でもスマート家電が大活躍します。「今日は寒いから、帰ったときにリビングが寒いのはちょっとつらい…」というときも、スマートフォンからエアコンを遠隔操作することで、帰宅後のリビングを暖かい状態にすることができます。

また、出かけた先で「自宅のIHクッキングヒーターを、つけっぱなしにして出てしまったかも…」と心配になってしまっても、スマートフォンでカンタンに確認できますし、遠隔操作でON/OFFもできるので、とても安心です。

スマート家電の立役者は、やっぱりスマートフォン

いまや老若男女を問わず、大勢の人が持ち歩いているスマートフォン。その爆発的な普及があったからこそ、スマート家電が浸透したといえます。

スマートフォンを使う暮らしがごく自然な日常のヒトコマになった今、家電の遠隔操作が家庭の当たり前の習慣になる日も、そう遠くはないでしょう。スマートフォンでエアコンを操作したり、健康チェックをしたり、買い物をしたり。便利でストレスフルな生活が、これからの生活の日常スタイルとなりそうです。

家族や友だちとも、情報を共有できる

健康管理やダイエットなどにも、スマート家電は大活躍。測定した体重やBMI数値、血圧などをスマートフォンでグラフ化し、家族や友人とリンクして、お互いに励まし合ったりすることができます。日々のデータを自分だけで重く受け止めず、大切な方々と共有することで、安心して体調管理に臨めますね。

エコが「見える」から、自然と節電意識がアップ

常に節電を心がけている家庭でも、さすがに冷蔵庫の扉を開ける回数までチェックするのは大変です。それを難なくやってしまうのが、スマート家電。冷蔵庫の扉の開閉回数や、エアコンの現在までかかった電気料金などを、いつでもスマートフォンなどでチェックできるので、自然と節電への意識も高まります。

電化製品にエラーが出たときも安心

「機器の調子がおかしい」「使い方がわからない」というときも、スマートフォンでチェックすればいつでも手軽に確認できるので、安心です。突然電化製品が動かなくなっても、あわてて電気屋さんを呼ぶことは、これからはグッと減ることでしょう。

家電はここまでスマート化されている!

スマート家電の機能に、「え、こんなことまでできるの?」とびっくりする人も多いかも知れません。ITの世界はまさに日進月歩。今までまったく予測していなかった機能が、家電製品に次々と搭載されています。スマート家電の機能を賢く使いこなして、毎日の生活をさらに便利で豊かにしてみませんか?

冷蔵庫
スーパーで買い物をしているときに、「キャベツはまだ買わなくても大丈夫かしら」と迷うようなときはありませんか? スマート家電なら、自宅の冷蔵庫の中身をスマートフォンなどでチェックできます。冷蔵庫内に設置したカメラで庫内の中身をチェックできるので、買い忘れも買い過ぎも防止できます。
また、冷蔵庫にかかる電気代をチェックしたり、扉を何回開けたかも確認でき、エコや節電にもつながります。
洗濯機
使用する洗剤の種類を選んだり、「皮脂汚れを分解する」など洗濯物の状態に合わせて洗い方をセットできたり。1回に洗濯する衣類の量が多すぎたり、少なすぎたりする場合も、グラフでチェックすることができます。アプリのアドバイスに従っていくだけで、衣類を大切にした洗濯や、節水・節電の工夫もできるのです。
ヘルスメーター
ヘルスメーターで測定した体重やBMI(体格指数)・体脂肪率・筋肉量・推定骨量・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体水分率などを、スマートフォンなどのアプリと連動させると、数値が簡単にグラフ化できます。時系列の増減も一目瞭然ですので、ダイエットのモチベーション向上にも活用できます。
遠隔リモコン操作
「あ! エアコンをつけっぱなしだった」と、外出先で気が付いたときも大丈夫。スマートフォンなどの操作で、自宅のエアコンのスイッチをオフにすることができます。IHクッキングヒーターの消し忘れなども遠隔操作できますので、とても安心です。
スマート家電を利用する際の注意点

スマート家電を利用するには、インターネット接続が必要になる場合が少なくありません。自宅のインターネット回線や、ご自身が利用可能なインターネット環境などをチェックしてから購入しましょう。購入予定のスマート家電が、自分のスマートフォンのOSに対応しているかどうかも、確認が必要です。

また、万が一スマートフォンを紛失してしまった場合には、故意にアプリが操作されないよう、ロック機能やFind iPhone機能などが付いていることがベストです。あらかじめ準備を整えた上で、スマート家電を購入するようにしましょう。

最後に
「スマート家電」と聞き、普通の家電より操作が複雑なのでは? ちゃんと使いこなせるか不安だ、という人がいるかも知れません。しかし、各メーカーとも誰にでも操作できるように作っていますので、使ってみると「意外とできた」ということが多いようです。暮らしをもっと便利にしてくれるスマート家電。ぜひ積極的に取り入れて、先端的なマンションライフを実現してはいかがでしょうか。