トップ > コムズ倶楽部 > マンションライフを楽しむ > 家計簿のすすめ
マンションライフを楽しむ
家計簿のすすめ
2015年のスタートとともに、「今年こそは!」と一念発起して、家計簿を新しく購入した人も多いのではないでしょうか。しかし、最初はこまめに記入していても、次第に日々の忙しさにかまけて、家計簿をつけるのが面倒になってしまうことも…。どうしたら家計簿を無理なく続けられるのでしょうか。あらためて家計簿の良さを再確認しながら、その方法をご紹介していきます。今年こそ、家計簿の「脱・三日坊主」をめざしませんか?
家計簿の良さを再確認してみましょう!

月末が近づくにつれ、「今月は使い過ぎちゃったかも」と不安な気持ちになっていく、という経験はありませんか? ファミリーレストランに行ったり、テーマパークで遊んだり。そのときは楽しくても、徐々に大きくなる不安のせいで、すてきな思い出が後悔のもとになってしまうのは、寂しいことです。

不安を解消するためにも、お金は計画的に使う必要があります。そして、そんなお金の計画に欠かせないのが家計簿です。家計簿に日々の終始を記録しておくと、何のためにいくら使ったかが一目瞭然です。

記録することで、その月に必要なお金がわかる

家計簿のメリットは、出費の傾向がわかること。無駄な出費を反省して家計を立て直すこともできますし、自信を持ってお金を使うこともできるでしょう。

比較や反省をすることで、貯蓄の増加につながる
食費・光熱費・娯楽費など、項目別の収支を分けて記録しておけば、「今月食費が予算をオーバーしたのは、2回も外食をしたから。来月は1回に減らそう」というように、他の月と比較して、将来の対策を打つことができます。
そうした努力が積もり積もって、やがては貯蓄の増加という大きな効果にもつながってきます。そうなれば、家計簿をつけることが楽しくなってくるはずです。
家計のやりくり上手になって、ローン返済にあてよう!
家計簿を活用してやりくり上手になれば、気持ちや日々の暮らしにゆとりが生まれます。家計にも余裕ができ、そのぶんをマンションのローン返済にあてることだってできます。数年後・数十年後を踏まえた家計管理ができるようになるでしょう。
家計簿が面倒になる原因は?

そんなメリットがある家計簿ですが、年頭に一念発起して家計簿を付け始めたものの、だんだんやる気がなくなり、気が付いたら「10日以上も記入していなかった」というようなケースが良くあります。面倒に感じてしまう心の裏には、どんな原因が潜んでいるのでしょうか。

家計簿を付けることが目的になってしまう
家計簿を付けるのが良いといっても、振り返らずにただ漫然と記録しているだけでは、意味がありません。お金の計画的な利用のために活用しなければ効果も出ず、そのうちやる気がなくなってしまいます。
一つひとつの支出が本当に生活に必要な出費なのか、また将来に向けて大切なことなのかなど、定期的に振り返ることで、はじめて家計簿は効果が出てくるのです。
短期収支にだけ注目し、無駄の本質を見失わないように
家計簿は月ごとに収支を出すため、その月に突然大きな出費があると、どうしてもそこにだけ目が行きがちです。
たとえば12月に家族でクリスマスパーティーをし、ケーキやチキンなど豪華な食事をすると、当然ながら食費はアップ。「これはまずい、来年はケーキをやめよう」ということになると、食費は抑えられても、子どもたちの満足度はダウンしてしまいます。
お金の使い方でとても大切なのは、「高い満足度を得ながら、いかに出費を抑えるか」ということです。月単位の収支だけでなく、年単位でトータルに考えて、本当に使うべきお金かどうかを判断しましょう。
簡単・便利なおすすめの家計簿

大切なのは、とにかく継続して家計簿をつけること。今はさまざまな工夫を凝らした家計簿がたくさんあり、誰もが家計簿を続けやすくなっています。ここでは、さまざまな形式の家計簿を紹介していきますので、ぜひあなたに合ったものを見つけてください。

お金の管理はすっきりとシンプルに
“レシートを貼るだけ”家計簿
「買ったものをいちいち記録するのは、継続できそうにない」という方におすすめしたいのが、“レシートを貼るだけ”の家計簿です。
スーパーなどで買い物をした後、家に帰って家計簿にペタッと貼るだけ。買い物後の忙しいときにもすぐにできるので、無理なく続けられますね。
“袋わけ”家計簿
ギリギリの収支でやりくりする場合は、“袋わけ”の家計簿が大活躍します。たとえば銀行にお給料が振り込まれたら、保険料などのように自動引き落としになるお金以外の生活費をすべて引き出し、食費・レジャー・小遣いなどの項目ごとに袋わけします。
電子マネーやクレジットカードで購入するのとは違い、「その袋に入っている現実のお金しか使えない」ため、減っていくのを実感できるので、「今月は赤字だけど使っちゃおうか?」といった考えの抑止力になります。ついついお金を使ってしまいがちな方にも、おすすめの家計簿です。
最新型!PCやスマホで家計をチェック
インターネットを利用した家計簿サービス
最近利用者がとても増えているのが、インターネット上の家計簿サービス。無料で利用できるものも多く、金融機関のネットバンキングサービスと接続して、入出金記録を自動で反映するなど、便利な機能が付いているものもあります。
中には、お金の使い方に関するアドバイスを受けられるものもあり、使い続けることでお金の管理術もアップできるかも。それぞれサービスによって特徴があるので、自分に一番合ったものを選ぶと良いでしょう。
スマホと連動して、さらに便利さアップ!
スマホで家計簿を付けられるアプリも、たくさんリリースされています。中には、レシートをスマホで撮影するだけで、自動入力できるアプリまであります。これなら手軽に家計簿を付けることができます。
最後に
成功者が口にする金言の中に、「お金を好きになれば、お金にも好かれる」という言葉があります。丁寧に扱い感謝して使っていれば、お金も「ここにまた戻りたい」と思うのだとか。家計簿をつけることは、そんな風にお金を大切に使うことの第一歩ではないでしょうか。まずは毎日少しずつ、家計簿をつけ始めてみませんか?