トップ > コムズ倶楽部 > マンション選び&購入のポイント > 居住者2,225人に聞く!「マンションに住んでよかった!」と思う10の理由
マンション選び&購入のポイント
居住者2,225人に聞く!「マンションに住んでよかった!」と思う10の理由

マンションに住もうと思ったきっかけは、

人生の節目ごとの岐路から

回答を見ると、現在のマンションに住もうと思ったきっかけは、「物件のよさ、立地条件、利便性、資産価値」といった物件自体の魅力が大きな要素となっています。それに加えて、「仕事・結婚・子どもの成長・家族構成の変化・定年退職」など、ライフイベントに合わせてマンションに住むことを決めた方がほとんど。人生の節目ごとの岐路が、住まい選びに大きな影響を与えているのがわかります。

中には、「このマンションに住むように物事が流れたから」という運命論的な回答や、「賃貸で家賃を払うよりローンとして使った方が将来的に得だと思った」「いずれ配偶者も死に、自分もボケ、介護施設に入るようになったら、立地条件がよいので賃貸して入所費用に充てられるから」という、きわめて現実的な回答もありました。何かあったときに転売しやすい・賃貸しやすいという点も、マンションを選ぶ際のメリットです。

マンションはメンテナンスもしっかり行われて、戸建てより管理がラクなため、最近では定年退職後の終の棲家として、マンションへ住み替える傾向もあるようです。

なぜマンションを選んだの?

皆さんが戸建てではなく、マンションを選んだ理由は何でしょう? 左がマンションを選んだ理由のベスト5です。

皆さんが戸建てではなく、マンションを選んだ理由は何でしょう? 上がマンションを選んだ理由のベスト5です。

セキュリティ、利便性、防災、将来性、資産価値の5つが、そのままマンションの魅力だと言えます。

ほかにも、宅配ボックスや24時間ごみステーション、生活に便利な設備や、ゲストルームなどの共有設備があることなど、「集住によるスケールメリット」が、マンションを選んだ理由として多く挙げられていました。

「マンションに住んでよかった!」と思った10の理由

マンションに住んでみて、改めて「ここがよかった!」「こういうところがいいよね!」という自由回答の中で多かったのは、以下の10の理由です。

最初にマンションを選んだ理由と重なっているものも多く、皆さん入居後もマンション・ライフに満足しているのがわかります。

充実した共有施設やサービスに満足!

「パーティールームなど、広くて気兼ねなく使える」 「24時間コンシェルジュがいるので安心」 という声のように、共用施設や便利なサービスに満足している人も多いのが、マンション暮らしの特長です。

マンション内で子どもの見守り、防犯面で安心できる

セキュリティに関しても、オートロックや管理員の常駐、戸締まりがラクなことに、満足されている声が多くありました。
「大規模マンションなので、同じ小学校の子ども同士がマンションの中庭や友達の住戸へ遊びに行くことも多く、常に大人の目が行き届いて安心できる」という声もあり、棟内に顔見知りがいて、不審者侵入の心配もなく、防犯面で安心できる点が、お子様を持つ保護者に好評です。

快適な室内環境

特に多かったのは、「冬でも暖かい」という声。戸建てに比べて断熱効果が高いマンションは、「冬でも暖房の数が少なくていい」「リビングの床暖房だけで暖まる」と大好評。また「気密性が高いので、冷房効率もいい」という声も。季節を問わず快適に暮らせるのはありがたいですね。

プライバシーが確保されている安心感と、一人ではない安心感のバランス

ちょっと変わった回答では、「まわりに高い建物がないので夏は裸同然で暮らしている」という声も。それも、住戸内のプライバシーがしっかりと確保されているからこそ。また、不要なセールスの訪問もオートロックのモニター越しに断れますし、必要以上に人付き合いに干渉されることもありません。

しかし「一人暮らしでも人の気配を感じるのが少し安心」「管理員さんにさまざまな相談ができる」「同い年くらいの子どもが多いので交流が活発」というように、一人きりではない安心感や、居住者同士の交流が楽しめるのも集住のよさ。プライバシーが確保されている安心感と、一人ではない集住の安心感の両方が共存しているのも、マンション暮らしのよさだといえます。

安心して住めるのはやっぱりマンション!

「安心して住めるのはやっぱりマンション!」という回答がすべてを表しているように、住み心地のよさに加えて、あらゆる面で「安心」が備わっていることも、共通して言える“マンションの魅力”なのでしょう。

一方、住まいの悩みに関しては、「騒音」「大規模修繕」「防災」「住民同士の交流がない」ことなど、集住ならではの課題が挙がっていました。ただ、これらの悩みは、居住者や理事会で協力して話し合えば解決していけるはずです。

みんなで、ひとつずづマンションの課題を丁寧に解決するのが、よりよいマンション・コミュニティを築き上げるためには欠かせません。

長い時間をかけて熟成するウイスキーのように、よりよいマンション・コミュニティを育てるためには、居住者同士で一緒に時間を積み重ねていくことも必要なのですね。

何年経っても「このマンションに住んでよかった」と思える、自分にとってよいマンションに巡り会いたいものです。

「マンションの魅力と住み心地に関するアンケート」より
調査期間:2015年1月28日(水)~2015年2月3日(火)
調査方法:インターネット(マンション・ラボ)
対象:マンション・ラボ リサーチ会員(マンションにお住まいの方)
有効回答数:2,225名