トップ > コムズ倶楽部通信 > 住宅お悩み相談室 > マンション管理費について教えてください

「マンションは管理で買え」との言葉もあるように、マンションライフをより快適にするためには、 マンション管理の内容はとても大切です。毎月払う費用には、日常の管理業務に支払うものの他に、大規模な修繕に備えて積立てるものなどがあります。今回は、マンション管理費の使われ方について解説しましょう。

マンション管理の詳しい内容について教えてください

マンションのパンフレットを見ていると、「管理費」「修繕積立金」「修繕積立一時金」「管理準備金」の項目があります。これらの費用の使用用途について、詳しく教えてください。また、これらの費用は、いつ、どのように支払うのでしょうか。

管理に使われるお金は、各マンションの規模・施設・管理体制によって異なります。

管理費用ではなく、管理内容を重視しましょう

まず、「管理費」について。これは、入居後毎月支払うことになりますが、中身は大きく2つの内容に分けることができます。ひとつは、共用部分の水道光熱費や掃除、点検、修理といった、建物の維持管理に必要な費用。もうひとつは、管理員やフロントスタッフ等の人件費など、管理会社への管理委託費用です。上の内訳を見るとおわかりになると思いますが、管理の質や内容、建物の構造や設備によって、管理費の額は変わってきます。例えば、共用施設が充実したマンションであれば、その分、電灯やエアコンも使うわけですから光熱費も上がりますし、庭園やタワーパーキングなどの屋外施設があれば、維持費や水道代なども高くなります。また、管理員の勤務形態(常駐・通勤・巡回)によって、人件費も大きく異なってきます。つまり、サービスの内容や設備の充実度によって、管理費が決まってくるというわけです。ですから、管理費は安ければ安い程よいとは考えないほうがよいでしょう。支払う管理費の額によって、管理の質が決まるわけですから、内容をよくチェックして検討することが大切です。ただし、管理費は全戸の専有面積によって按分されるので、一般的には同じサービスの内容や設備の充実度の場合、小規模マンションと大規模マンションでは、大規模マンションの管理費のほうが安く抑えられます。

末永く快適に暮らすために、積立金が必要となります

次に、「修繕積立金」。これは大規模修繕のための積立金で、入居後毎月支払うことになります。いくら日々の点検やメンテナンスを行っていても、長い年月がたてば、外壁や屋上防水、配水管などが傷んできて、大規模修繕を行わなければなりません。そうなると、一度にかなりの額の費用が必要になります。もし、月々の修繕積立金が少なければ、その時点でお金が足りなくなり、緊急徴収や緊急値上げが必要になります。快適な居住性を保ち、マンションの資産価値を下げないためにも、適切な大規模修繕の工事は不可欠で、そのための準備がきちんとなされているか、チェックしておくことも重要です。

最後に「修繕積立一時金」「管理準備金」について。これらは、入居時に1回だけ支払う費用です。入居時には、管理組合には資金が一切ない状態であり、これでは管理や修繕に必要な費用を払えなくなります。そのため、入居時に必要最低限の費用を集めてプールしておくわけです。マンションの価値は、管理で決まるとも言われるほど、管理は重要な項目です。マンションを選ぶ際には、サービスの内容、設備の充実ぶり、管理会社の実績などについて、確認しておくことが必要です。

診断を終えて

マンションライフを快適に過ごすためには、管理費・修繕積立金は必ず必要なもの。注意したいのは、管理費用が安ければ、その分、管理の質も低い可能性があること。管理が行き届いていないマンションは、快適でないうえに、資産としての価値も大幅に下がります。マンション管理については、単に金額だけでなく、管理内容についてまで気を配るようにしましょう。


コムズ倶楽部通信
  • 一覧から資料請求
  • 見学予約
  • イベント情報
コムズ倶楽部

「簡単資料請求」などの便利な機能や、新築マンション・分譲マンションのキャンセル状況など、お得な情報が満載です。