トップ > 購入ガイド > 贈与税の課税のしくみ
贈与税の課税のしくみ

土地や建物、あるいは現金を無償で取得すると、贈与税がかかってきます。贈与税は、1月1日から12月31日までの1年間に、贈与で取得した財産の合計額から、基礎控除110万円を差し引いた残額に、贈与税の超過累進税率で課税される税金です。贈与を受けた翌年2月1日から3月15日までに贈与を受けた人が所轄の税務署に申告することになります。なお、平成22年1月1日から「住宅資金贈与特例」が設けられました。また、贈与税の「相続時精算課税」制度は、父母や祖父母などそれぞれから適用でき非課税枠も大きく大変有利な制度となっています。

贈与税の速算表

(計算のしかた)[A]×[B]-[C]=贈与税額

基礎控除後の課税価格[A]税率[B]控除額[C]
200万円以下10%0万円
200万円超 400万円以下15%10万円
400万円超 600万円以下20%30万円
600万円超 1,000万円以下30%90万円
1,000万円超 1,500万円以下40%190万円
1,500万円超 3,000万円以下45%265万円
3,000万円超 4,500万円以下50%415万円
4,500万円超55%640万円

※ このページは平成29年4月1日現在の法令に基づき作成しています。
※ 税制が変更となる場合や、要件によって適用にならないケースもございますので、詳しくは税務署等にお問合せください。