トップ > コムズ倶楽部 > マンション基礎知識 > 暑い夏もこれで快適!マンションの効率的な暑さ対策とは?
マンション基礎知識
暑い夏もこれで快適!マンションの効率的な暑さ対策とは?

強い日差しが照りつけ、厳しい暑さが続く夏本番。お部屋では少しでも快適に過ごしたいものですね。マンションの高い気密性を生かしながら、夏を涼しく過ごすためのコツやアイディアをご紹介します。

マンションの高い気密性を活かした、涼しく快適な部屋作りのポイント

「高気密・高断熱」構造のマンションは、 外気の影響を抑え、冷暖房の効率を上げる効果が期待できます。また、「24時間換気システム」によって、高い気密性と空気の循環の両立をかなえています。こうしたマンションの特徴を生かしながら、より効果的に室温を下げるためのポイントを見てみましょう。

ポイント1:風を通して空気を循環させる

窓を開けて風を通すことで、室内にこもった熱い空気が排出され、短時間で室温を下げる効果があることはご存知でしたか?2箇所以上の窓を開けて風の通り道を作るようにしましょう。素早く空気を入れ換えるなら、併せて換気扇を回したり、サーキュレーターや扇風機などを使うとよいでしょう。エアコンを使う場合でも、風を通して少しでも暖まった室温を下げてからなら、節電にもつながりますね。

ポイント2:窓からの熱を遮断する

外部から伝わる熱の約70%が窓から侵入しています!窓から入る熱を遮るだけでも、温度の上昇をかなり抑えられそうですね。特に南や西側の窓には、遮熱性の高いカーテンやブラインドを取り付けるとよいでしょう。また、窓の外側にすだれやサンシェード、植栽でグリーンカーテンを施すと、視覚的にも涼しさを感じることができます。(すだれやサンシェード、グリーンカーテンなどの設置は管理規約の確認・管理組合へ相談が必要です。)

これらのポイントを踏まえて、次は、ライフスタイル別に具体的にどのような暑さ対策ができるのか、詳細を見ていきましょう。

空気の循環がポイント!在宅時間が長い「シニア・専業主婦(主夫)世帯」の場合

気温の高い日中、家で過ごす場合は、どうしてもエアコンを長時間稼働させることになりがちです。そこで、窓からの熱を上手に遮りながら、エアコンの温度を高めに設定しても快適に過ごせるアイデアをご紹介します。

①サーキュレーターやシーリングファンを使って、空気を循環させる

◇サーキュレーター
局所的に遠くまで風を送ることができるサーキューレーターは、置く場所によってさまざまな使い方ができます。
・窓を開けて換気をする際、風の通り道に置いて、部屋の奥まで効果的に風を送る。
・特に熱くなる南側の窓に背を向けるようにして置き、他の窓や換気扇から熱気を外に逃がす。
・エアコンの真下に置き、下に溜まりがちな冷気を拡散させることで効率よく部屋冷やすことができる。

◇シーリングファン
大きな羽根で天井からゆったりと気流を起こす、シーリングファン。部屋全体の空気を攪拌(かくはん)するので、エアコンの冷風を部屋全体に行き渡らせます。照明が付いたタイプなら、リビングの照明器具の代わりに設置することも可能です。

最近ではサーキュレーターやシーリングファンのデザインも豊富にそろっているので、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。また、静音設計タイプもあるので、音が気になる人は試してみるとよいでしょう。

②遮熱タイプのカーテンなどを取り付けて、窓からの採光と遮熱を両立させる

◇遮熱レースカーテン
窓からの"光"を取り込みながら "熱"を遮るタイプのレースカーテンがあります。最近は、遮熱機能に加え、外から見えにくい遮像タイプなど、多様な機能を兼ね備えたものが多いので、部屋の向きや日の差し方に合わせて選ぶとよいでしょう。

◇遮熱ブラインド
特殊なコーティングを施した遮熱ブラインドは、日射熱をカットし室温の上昇を抑えてくれます。日の差す角度によって向きを調整することで、適度に光を取り込みながら、熱を遮断することが可能です。

◇すだれ・サンシェード・グリーンカーテン
窓の外に設置することが可能であれば直射日光を遮るだけでなく、見た目にも涼しさを感じられるでしょう。在宅時間が長い人なら、天候によって付け外しをしたり、手入れを楽しんだりもできるでしょう。

工夫している人の声を聞いてみました。(マンション在住11年 Kさん 40代)

サーキュレーターを使うことで、1台のエアコンで、2部屋を充分に冷やすことができています。サーキュレーターが壊れてしまった時は、エアコンだけでは、部屋の温度が2度くらい違ったので、改めて効果を実感しました。もうサーキュレーターが無い生活は考えらえれません。

窓からの熱を遮断するのがポイント!不在時間の多い「共働き世帯」の場合

日中不在のご家庭も、不在時の暑さ対夫次第で、帰宅時の快適さは大きく違うようです。暑さ対策をご紹介しましょう。

①窓からの熱をしっかり遮断する

出かける際、遮熱カーテンや遮熱ブラインドを閉めておけば、室温の上昇を抑えることができます。長時間留守にするときは、この一手間を忘れないようにしましょう。

②タイマー機能を上手に利用する

エアコンのタイマーを帰宅時間に合わせてセットしておくことも大切です。サーキュレーターもタイマー付きのものであれば、エアコンと同時に作動させることで、より効率的です。

工夫している人の声を聞いてみました。(マンション在住5年 Sさん 30代)

出勤時には、遮熱カーテンをしっかりと閉め、不在時にも一日中サーキュレーターをまわしています。誰もいない時間でも、外からの熱を遮断し、空気をしっかり循環させているので、帰宅時の暑さがまとわりつく感じがなく、外と比べてむしろ涼しく感じるほどです。(サーキュレーターの長時間利用については、充分なメンテナンスの上、ご利用ください。)

上手に対策して、夏を快適に過ごそう!

いかがでしたか?ついついエアコンだけに頼りがちですが、窓を開けて風を通したり、機能的なカーテンやサーキュレーターなどを取り入れることで、より効率的に涼しく快適な環境を作ることができます。今回ご紹介したようなちょっとした暑さ対策を上手に取り入れて、快適なマンションライフを楽しみましょう。