トップ > コムズ倶楽部 > マンションライフを楽しむ > 在宅でもキャンプ気分!"おうちアウトドアクッキング" のススメ
マンションライフを楽しむ
在宅でもキャンプ気分!"おうちアウトドアクッキング" のススメ

メスティンやホットサンドメーカーなど、アウトドア用のクッキングツールを使って作った「キャンプ飯」。アウトドア好きの方が自宅でキャンプ飯を作り、発信したことをきっかけに、自宅でキャンプ飯を楽しむことがひそかなブームになっています。SNSなどでの投稿をきっかけに、ホットサンドメーカーを手に入れた人も多いのではないでしょうか。
今回は、「おうちアウトドアクッキングが気になっているけれども、まだ手が出ない方」に向けて、改めて、自宅でアウトドア気分を盛り上げる工夫についてご紹介。小さいお子さんと一緒でも楽しめるアウトドア風ランチのコツなどをお伝えします。

「キャンプ飯」を盛り上げるアイテムを揃えよう

キャンプ飯、アウトドアクッキングというとバーベキューを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実はとても奥の深い世界。家庭での日常的な調理と違い、限られた道具や食材の中で、火加減など様々な困難が伴う「キャンプ飯」には、野外調理ならではの準備や調理のコツなど、独特のお作法が存在します。
それらを自宅のキッチンで再現することにより、おうちでもキャンプ気分を味わってしまおう!というのが「おうちアウトドアクッキング」のテーマ。ただし、マンションではベランダや専用庭などの共用部での調理は他の住民の方の迷惑になりますので、あくまで「おうち」のキッチンで調理するようにしましょう。
もちろん、普段使いの調理器具などでも再現可能なレシピですが、せっかくなので道具から揃えて気分を盛り上げましょう!

■調理器具
100円均一の店舗でも買えるお手軽なものもあるので、ぜひ用意してみましょう。

・初心者向け:
ホットサンドメーカー(電気式ではなく、金属製の直火タイプを!)
メスティン(アルミでできた箱型の飯ごう)
スキレット(鋳鉄でできたフライパン)など

・上級者向け:
ダッチオーブン(分厚い金属製の蓋つき鍋)
燻製ポット(食材をいぶすための燻製器)

キャンプ料理に欠かせないのが「アルミホイル」食材を包み焼にしたり、スキレットのふたなどとして使ったり用途は様々。ぜひ用意しておうちアウトドアクッキングに臨みましょう。

■調味料
シンプルな調理法になりがちだからこそ、ちょっと気の利いたスパイスなどでアクセントをつけましょう。岩塩、シーズニングソルトなどがおすすめ。アウトドア用品店で選ぶと気分が出ます!

■食器
木製、アルミやステンレスなどの金属製、プラスチックやメラミンなどの割れにくく軽い素材と、さまざまな選択肢のある食器。重ねてコンパクトになるものが多いので持ち運びもしやすく、ラップと一緒に保管すれば、災害時にも役に立ちます。これを機にアウトドア食器セットを購入するのもいいかもしれません。

子供も楽しい!おすすめキャンプ飯レシピ

キャンプ飯は調理工程がシンプルなのも魅力の一つ。食材をむいたり切ったり、あぶったり、子供には年齢に合った工程に参加して、楽しんでもらいましょう。

・ホットサンド
なんでも好きなものをホットサンドメーカーに挟んで焼くだけ!たくさん具材を用意して、オリジナルのホットサンドを楽しみましょう。肉まんやメロンパンなどをホットサンドメーカーで焼いて食べると、いつもと違ったおいしさが味わえます。焼きおにぎりも作れますよ。

・メスティン料理
炊き込みご飯、湯切り不要のパスタなど、さまざまなレシピがあります。ふたをフライパン代わりにしたり、本体を鍋にしてラーメンを作ったりなど、使い方の幅広さも魅力。洗い物を減らしたい災害時にも大活躍してくれそうです。

・スキレット料理
好きな具材を何でも突っ込んでアヒージョにしちゃいましょう。あぶったフランスパンに残った油をつけて食べたり、お好きな野菜をいためてパスタとあえて、絶品オイルベースパスタにも。そのまま食卓に出せますが、お子さんと一緒に食卓を囲む時はやけどに注意!

キャンプ飯のシメといえば、バーナーやBBQコンロであぶったマシュマロで作る「スモア」。おうちキャンプではスキレットを使って作るとお手軽に楽しめます。ビスケットやチョコソースなど、さまざまなトッピングを用意すれば、小さなお子さんもオリジナルスモアを楽しめますね。

キャンプ飯はもともと野外でする料理なので、通常のライフラインが使えない災害時にも役立つレシピがいっぱいです。楽しみながら災害への備えを充実させてみてはいかがでしょうか?

おうちアウトドアは見栄えも肝心!

おうちアウトドアクッキングを楽しむためには、見栄えにもこだわると、気分がもっと盛り上り料理の味わいもワンランクアップ!食器や盛り付け、テーブルセットなども"それっぽく"演出してみましょう。

■食器
普段使いの食器で食べても全く問題ないのですが、キャンプ用の食器はおしゃれなものがたくさん!写真映えがする上、普段と異なる雰囲気が演出できるのでアウトドア感が高まって、料理の味を底上げしてくれます。
最近では、100均でも、オシャレなアウトドアテイストの食器が手に入ります。見た目重視のものもあれば、本格的なアウトドアファンも認める逸品も。

■ランチョンマット、テーブルクロス
テーブルの汚れ防止という役割だけでなく、キャンプ気分を大いに盛り上げてくれるのが、ランチョンマットやテーブルクロス、ラグマットといったファブリック。定番のギンガムチェックはもちろんですが、北欧のノルディック柄、アルプス地方のチロリアン柄、アメリカの先住民族に昔から伝わる伝統的なパターンであるネイティブ柄など、さまざまなバリエーションがあります。
写真の端にちょっと映り込んでいるだけでもキャンプ感が盛り上がるアイテムなので、ぜひ取り入れてみましょう。

今回は「おうちアウトドアクッキングの楽しみ方」をお届けしました。レジャーの秋をおうちで満喫するテクニックとして、お試ししてみてはいかがでしょうか。
8月にご紹介した「おうちキャンプ」(無理をしない防災備蓄で、いざという時の「心構え」を作る)と合わせると、楽しみながら災害への備えができますよ。